カブきちのブログ

釣り、バイク、自転車など色々書いていくつもりです

【初心者向け】釣具の重要なパーツの名前と説明

はじめに

なぜこの記事を書こうかと思ったかと言うと

 

私は最近、釣りをほとんどしたことがない友人と釣りに行きました

 

その時、教えるつもりでいたのですが何しろ自分も釣りをしているわけですから言葉だけで説明していました

 

しかしなかなかどうして言葉だけで説明するのは難しい

 

「これどうすればいいの?」ー「それは糸を出してだね」

「糸はどうやって出すの?」ー「それはリールのベールを開いてだね」

「リールのベールってどれ?」ー「ええっと、、、」

 

「糸出てこないんだけど、」ー「ああ、それはガイドに仕掛けが絡まってるね」

「ガイドってどれ?」ー「ええっと、、、」

 

このように言葉だけで説明するのは想像以上に難しい

 

この経験をきっかけに【釣り初心者】の方向けの記事は多くありますが

そのほとんどは釣り具のパーツの名前が分かっている前提でした

 

なのでこの記事では初心者の方向けに釣り具のパーツの名前の説明をしていきたいと思います

f:id:kabukiti110:20210927222621j:plain

 

分かりにくいもの、よく使う部分を中心に画像付きで説明も交えて紹介していきます

釣り竿

f:id:kabukiti110:20210927222637j:plain

⇒グリップ
ここはリールと竿を持つ反対の手を使って竿の細かい動きを操作するための部分です

 

f:id:kabukiti110:20210927222653j:plain

⇒リールシート
ここはリールを取り付けるための場所です

 

f:id:kabukiti110:20210927222712j:plain

⇒ガイド
糸を通す穴のことを言います
一番小さい穴からトップガイド、1番ガイド、2番~、3番~と呼びます

他にもいろいろありますが竿に関しては実際に知っておくべき部分はこれだけだと思います

 

 

釣り竿に書かれている数値やアルファベットの解説はこの記事でしています↓

kabukiti.com

 

リール

f:id:kabukiti110:20210927223318j:plain

⇒ドラグ
この部分を締めたり緩めたりすることで、強く引っ張ったときに糸が切れるのを防ぐために自動で出る糸の量を調節することができます

 

f:id:kabukiti110:20210927223604j:plain

⇒スプール
糸が巻いてある部分です
ドラグを最大限に緩めると本体と分けることができます

 

f:id:kabukiti110:20210927223725j:plain

⇒ベール
糸が出るのを防いでいる部分のことを指し、ベールを開くと糸が自由に出せるようになります

 

f:id:kabukiti110:20210927223826j:plain

⇒リールフット
竿とリールを固定する部分です

まずリールシートにリールフットを手で軽く固定しておいて、その状態から写真では銀色の部分を下に下げて、リールシートにリールフットを固定します

おわりに

実際に画像と単語を合わせてみて、筆者も知らなかった部分が割とありました笑

 

ですが、そんな筆者でも釣りは問題なくできています

なので結論として名称が分からなくても、ここは何するための部分とだけわかっていれば大丈夫です

 

最後まで見てくれてありがとうございます