カブきちのブログ

釣り、バイク、自転車など色々書いていくつもりです

【初心者向け】5分でできる簡単な釣り具の手入れ

はじめに

釣りをした後の釣り具はどのようにすればいいのか疑問に思うことはないでしょうか?

釣りに疲れているので面倒に感じて、ついサボってしまう、、、

 

 

この記事では主に釣り初心者の方向けに、釣りをした後の釣り具のメンテナンスについて解説しています

数回もすれば5分くらいで終わるようになるのでぜひ試してみてください

 

それでは私の釣り具の手入れの方法を紹介していきます

 

竿

竿に関しては水で濡らした布で見える汚れを取り除きます

布はぼろ布でもタオルでもどちらでもよいですが、目に見えて汚れている場合にはぼろ布のほうがいいかもしれませんね

 

このときガイド(糸を通す部分)も軽くふくのを忘れないようにしましょう

 

水で濡らした布で竿についた海水(淡水の場合は汚れ)を取り除くのが目的なのでそこまで強くふく必要はありません

 

拭き終わった後は風通しの良い場所で乾かして完了です

 

リール

リールはスプール(糸が巻いてある部分)とそれ以外で分けることができるので、まず分けて

 

スプールは糸の部分を水で濡らしながら少しこすります

これだけで大丈夫です

 

 

↓スプールがどの部分か分からない方はこちらをどうぞ

kabukiti.com

 

 

あとは本体を濡らした布で軽くふいて乾かせば完成です

f:id:kabukiti110:20210927094550j:plain

 

仕掛け・リール

仕掛けやリールはさびにくいので何もしなくてもいいかもしれませんが、ここでは一番簡単な方法を紹介します

 

まずバケツか何かに水道水をためてそこに仕掛け・リールを入れて、3分ほど放置

そしてその後、軽くふいて乾かす

 

これだけです、簡単ですよね!!

 

これだけで次に釣りをする際に仕掛けやリールの錆がついてるなんてことがなくなります

おわりに

今回は私が釣りの後に行なっている釣り具の手入れを紹介しました

 

慣れてくればもっと速い時間で終わります

 

道具の手入れをすれば愛着もわくし、異変に気付くことができます

 

 

なので釣りの後で疲れているときでも、あと少しだけ頑張って手入れはその日のうちにすることをお勧めします