カブきちのブログ

釣り、バイク、自転車など色々書いていくつもりです

【エギング】初心者がアオリイカを釣るまで ④刺身で実食!

はじめに

この記事はエギング初心者のカブ吉がやっとの思いで釣ったアオリイカを刺身で食べる記事です

 

さばき方だけではなく、前半には釣った方法なども書いているので良かったら見てください!

 

まだ2匹しか釣ったことのない初心者の解説なので、熟練の方はそんな考え方もあるのだと、温かい目で見守ってください

なお一般に胴長12㎝以下はリリース推奨と言われていますが、最初の一匹は刺身で食べさせてください、お願いします

前回はこちら

kabukiti.com

 

フラッシュブースト

前回に引き続き釣りをして、それ以降が続かなかったのでバイクで5分ほどで着く近場の漁港に釣り場を変更

 

テトラポットから藻が見える好ポイントだったのでまずはキャスト

 

エギは釣具屋でたまたま売っていたフラッシュブーストの2.5号

メルカリでよく転売されていますが、アマゾンも負けていませんw

定価の倍の値段!!

 

準備運動がてら中層くらいまで沈めて何度かしゃくるとなんとイカがついてきました

 

少し止めてそれからフォールするとエギを抱いたので竿を立てると見事にイカの足にフッキング

f:id:kabukiti110:20210916215413j:plain

画像は粗いですがきれいなイカちゃんです

f:id:kabukiti110:20210916215501j:plain

さすがはメルカリで転売されるだけありました

 

初心者が一投目で釣れるって本当にすごい

知人に勧められて買っただけで、今まで半信半疑でしたがこれからは愛用します

 

下処理

カブ吉はこのイカを刺身で食べたいのでまずは内臓などを取り除く必要がありました

 

イカはハサミでも下処理することができるのでいいですね!

 

イカ締めの専用の器具などもありますがすぐさばいてしまえば問題ないですよね

 

そんなわけでいつもスーパーで見るようなイカの姿にまでイカのからだを開いて、あとはキッチンペーパーにくるんでから、イカ様トレーにいれてクーラーボックスで冷やしておきます

 

イカ様トレーはこちら

Daiwaの商品でなかなかよくできているのでおすすめです

 

刺身実食!

そして無事家に到着

 

釣りで狙いどうりの魚が釣れた時って帰り道が楽しいですよね

釣れた時の余韻もそうですが、釣った魚の味をどんなのか想像していると二ヤけてしまいます

 

きっとこの時の帰り道では、カブ吉はバイクに乗りながら時々二ヤけている変人だったでしょう

 

まあ、そんなことはさておき

 

肝心の刺身はと言うと

f:id:kabukiti110:20210916220212j:plain

こんな感じに仕上がりました

 

我ながら上出来だと思います

ちなみにゲソは生では食べずに、オーブンで焼いて食べました

f:id:kabukiti110:20210916220330j:plain

屋台で売っているような懐かしい味でした

 

そしてなんといっても刺身のお味は最高でした

 

イカの王様と言われるだけあって、小さいながらもコリコリっとした歯ごたえで甘みもあり、これを自分の手で釣ったと思うとなんだか感動しました

 

この味を知って、よりエギングにハマりそうになりました

 

おわりに

とうとうアオリイカを釣りあげました

 

釣りたいと思ってから1年くらいかかってしまいました

 

でもそれだけ1匹目に価値があるということです

多分1匹目を釣ったときの光景は忘れないと思います

 

まだまだ初心者の域を出ませんが、エギングは奥の深い釣りです

もっと勉強して、いつか大きな春イカを釣りたいと思います!