カブきちのブログ

釣り、バイク、自転車など色々書いていくつもりです

【エギング】初心者がアオリイカを釣るまで ③最初の一匹

はじめに

この記事はエギングが全くの初心者のカブ吉が1匹目のアオリイカを釣るまでを書いた記事です

 

同じく初心者の方、エギングを始めようと考えている人の参考になれば嬉しいです

 

熟練の方はこんな釣り方、考え方もあるのだと温かい目で見守ってください

 

前回の記事はこちら

kabukiti.com

 

最初は向かい風

前回の教訓を生かして、荷物は必要最低限にして

さらに前回はまだまだイカが小さかったので3週間の間をあけてからの釣りとなりました

 

ちょうど3週間後のために2つのバイトの日にちを調整して釣りに行く日を設けていました

 

しかし台風14号が発生して雨が降り、釣りに行けなくなるかもしれないと落ち込みました

さらにアオリイカは塩分濃度の低下を嫌うので雨が降ると釣れなくなるともネットで知り、テンションはダダ下がり

 

しかしせっかく釣りに行くために休みを取ったので雨が降っている中バイクで釣り場に行くことに

 

途中からカブ吉の願いが届いたのか天気がくもりにまで回復しました

 

腹ごしらえ

そしてまたまた前回の反省を生かして、昼ごはんは近くで食べることに

f:id:kabukiti110:20210916132004j:plain

階段をのぼった先には

f:id:kabukiti110:20210916132044j:plain

千と千尋の神隠しみたいな世界観でした

 

しかし料理は謎のぶよぶよの肉ではなく海鮮定食

f:id:kabukiti110:20210916132156j:plain

漁港を見ながらの海鮮定食は最高です!

 

 

なんだか少し憧れていた一人旅みたいでいいですね

 

昼ごはんがおいしかったのと、自分だけの秘境を見つけたようで、うれしくて少しニヤけながらもメインの釣りへ

 

リベンジ

釣り場に到着し、前回イカが見えたポイントに行くことに

 

すると前回見た時よりも成長したイカが!!

しかもエギを抱えるくらいのサイズには成長していました

 

早速エギングタックルを準備して釣りますが、そうは簡単に釣れてくれません

 

群れの中に活性が高いやつもいますがなかなかエギを抱くまではいきません

 

1時間ほど格闘しましたが、諦めてポイントを変えることに

 

ついに!!

インスタなどで調べて釣れているっぽい場所にエギを落としてみると

 

1匹のイカが遠くからジーっとエギを見ています

 

ここでこそ、子イカとのサイトフィッシングで培った経験を生かす!!

2,3回しゃくって、ピタっと止める、もう一度しゃくってピタッと止める

 

この方法が今までで一番イカがエギに近づいてきたのですが

この時は近づいてきて、さらにイカがエギの周りをまわり始めました

 

こんなことは初めてだったのでおおっ!と期待しながら、エギを止めていると

 

横からエギを抱きました!!

 

その時ほぼ無意識にエギを横にスライドさせていました

 

すると少しの重みを感じて、イカが水中で墨を吐いていたので来たー!

と思い引き上げました

 

f:id:kabukiti110:20210916132319j:plain

ついにやりました

今までの苦労が少しよみがえって、うれしかったです

多分この初めて釣ったときの光景は忘れることがないと思います

 

エギが2.5号で胴長がそれと同じくらいだったので、少し小さいかなと思いましたが、初めて釣ったイカは刺身で食べると決めていたので「いただきます」と心の中で言いながら締めました

 

ちなみにカブ吉に初めてのアオリイカをもたらしてくれたエギ様はこちら

エメラルダスステイの2.5号 ケイムラ下地のトルコブルーです

 

また、締めるときれいな透明になり、すし屋でよく見るイカの色になりました

f:id:kabukiti110:20210916132533j:plain

エメラルダスでアオリイカを釣れたのもよかったです!

 

ちなみに釣り場は漁師の方の仕事場でもあります。自分の仕事場所が汚れるのは嫌ですよね。
なので墨で汚れてしまった場合は水で流してきれいにするようにしましょう!
もちろんゴミを捨てて帰るなんてもってのほかです。

 

おわりに

いや~ようやくやりました

 

まだ続きがありますが、いつもより長くなってしまったので続きは次回にします

 

すこしネタバレですが、実は違う釣り場でもう一匹イカを釣ります

しかも1投目でww

カブ吉の今までの苦労はなんだったんだ

 

その時のエギや、釣り方も書いているので良かったら見てください

kabukiti.com